2019年08月22日

長い黒髪が好きな髪フェチはいるかな

ぼくは髪フェチなんです。
女の子の黒くて長い髪が好きなんです。
一時期、黒髪が絶滅危惧種になって、若い女の子が全員茶髪という時期はつらかったですね。
ぼくからすれば、せっかく日本人の黒くてきれいな髪が染色で台無しになっていたんですよ。
でも、ようやく最近、女の子も黒い髪に戻してきましたね。
なので、フェチ専門掲示板で黒髪の女の子を探してみたらすぐに見つけることができましたよ。
自前では見つけられなかったのは内緒です。


・洗い立ての黒髪は甘い香りがした


掲示板で知り合った女の子には、ぼくが髪フェチだとは伝えてあります。
だから、ぼくがいきなり頭をナデナデしたり、頭の匂いを嗅いだりしても大丈夫だったでしょう。
といっても、いきなり髪を撫でさせろというのは一方的な要求だと分かっているので、最後まで自重するよう固く決心して、顔合わせの日に臨みました。

どんな髪の毛、もとい女の子が来るのかと待っていると、さわやかな香りとともにその子はやってきました。
彼女のほうは髪フェチのぼくのために出かける前にシャンプーをしてきたみたいなんですね。
おかげでツヤツヤした髪の毛をサラサラとなびかせながらやってきたんですよ。
わざわざ彼女の頭に鼻をつけなくてもシャンプーの甘い香りが漂っていました。
だから、その場で髪に触らせてほしいといったら、触らせてくれたと思いますが、楽しみは後にとっておくことにしました。


・髪の毛だけでご飯がうまい


今年24歳になるという彼女は、これまで髪を染めたことはないということでした。
おかげで髪の毛はまったく傷んでいませんでしたよ。
眺めているだけでぼくは興奮してきましたね。
これだけきれいならおかずにするには充分だ……しませんよ。
したかったですが(笑)
いくらフェチだと伝えているとしても、目の前の男が髪の毛を見ながらオナニー始めたらドン引きしますよね。
そこは我慢我慢、でした。
普通は女の子の目を見ながら話をするんでしょうけど、話している間、ぼくはほとんど髪の毛のほうを見ていましたね。


・ベッドの上で髪を愛でる


生身の女の子が目の前なんだから、普通にセックスしましたよ。
ぼくのためにシャンプーしてきてくれたような女の子ですから、ぼくがラブホテルに誘っても全然意外な顔をしなかったんですよ。

ベッドの上に添い寝して、ツヤのある黒くて長い髪を愛でました。
手櫛を入れても根元から毛先まで引っかかることなくスルーっと滑りました。
ぼくに撫でられている間、「ンフフフフフフ」と彼女はずっと笑っていました。
その顔もかわいくてよかったですね。
彼女なら存分に髪の毛を触らせてくれそうです。
posted by HHH at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

オフパコした女の子は食にこだわりがありそうだが・・・

僕がオフパコしたのは、インドア派な女の子でしたよ。
日ごろから必要最低限しか出歩いていないんじゃないかと思いましたね。
そのくらい体に筋肉がついていなかったんですよ。
その分、全身ぷにぷにでオフパコの相手としてはよかったと思いますね。


・なんかヤバそうな空気があったがそんなことは気にしない


女の子は待ち合わせ場所にやってきたときに、ひざ下のブーツを履いていました。
長っ!!
と思うくらい長かったですね。
でも、彼女には似合っていたと思いますね。

その日は、彼女が行ってみたいと提案してくれたお店に行きました。
店員が運んできたメニュー表を見ると、僕のお財布にはボディブローどころか一発KOなメニューが並んでいましたよ。
しかし、女の子に情けないところは見せられません。
「ワリカンで」
のど元まで出かかった言葉を飲み込みました。
「ワ」は飲み込めなかったんですが、彼女には聞かれなかったようでした。
不思議そうに僕の顔を見ただけでしたよ。

料理が運ばれてくると、目を閉じて料理の匂いを思い切り鼻から吸いこんでいました。
「う〜ん、おいしそう(はぁと」
とため息。
ヤバ目な空気を敏感に感じ取る僕。
マア、オフパコだけのつもりだから、ヤバ目の女の子でもかまへんかまへん。
そう自分に言い聞かせました。


・むちっとした足はぷにぷに


食事はおいしかったので、彼女も気分よく食後のお楽しみに同意してくれました。
さっきのお店からそんなに遠くないラブホに入ることができました。

彼女を椅子に座らせて、長いブーツを脱がしてあげると、むちっとした足が出てきましたよ。
素足を触ると、いかにも歩いていない感じのぷにぷにした感触が手に伝わってきました。
足の裏も柔らかかったですね。
土踏まずに触れると、「きゃっ」と反応がありました。
こんなところが性感帯なのかと足を掴んで親指でモミモミしてあげました。
「うんっうんっ」と健全な意味で気持ちよさそうに感じていました。
日ごろ歩きなれていないのに、今日は少し歩かせてしまったので、脚に疲れがたまったのでしょうね。
念入りにマッサージしてあげましたよ。


・マッサージが終わればセックスの順番


マッサージでいい雰囲気になってきましたが、彼女をラブホに連れてきたのは足のマッサージが目的じゃありません。
セックスするのが目的に決まっています。
彼女もそれが分かってラブホに着いてきたはずなんですから。

ということで、脚が気持ちよくなってきたら、その勢いでパンツも脱がしました。
疲れていたのか、食べたいものが食べられて満足していたのか、彼女は完全にぐったりしていました。
なので、着ている服を全部脱がせてあげましたよ。
個人的な趣味で、ブラジャーだけを身に着けている状態でセックスしました。
もちろん、ブラジャーは上にずらしておっぱいをあらわにしましたよ。
posted by HHH at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

妻に浮気されて離婚してから神待ち女性以外とは遊んでいません

『今は女性側の浮気が原因で離婚する夫婦が多い』なんて聞きますが、それはマジですね。テレビのニュースでも女性芸能人が浮気してバッシングされるケースが増えているように、『浮気は男性がするもの』と考えるのは古いのかもしれません。

実は私も、妻に浮気されて離婚しました…普段は穏やかで優しい妻でしたし、そういうことをするタイプには見えなかったのですが…穏やかな分、内心ではいろいろとため込んでいたようで、それを浮気という形で発散したのかもしれません。

ある日、仕事で遅くなった私は「今日は会社に泊まるかも」と妻に伝えたのです。そのときは「無理しないでね」と優しく言ってくれて、いい妻だなぁなんて思っていたのですが…偶然にも仕事が早く終わりまして、ギリギリで終電に間に合ったのですね。

そのことを妻には伝えていなかったのですが、自分の家だし別にいいや…と思って帰ってみたら、なんと私のではない男用の靴がありました。それが意味するところは1つで、リビングに行くと間男とイチャついてた妻がいたのです…。

妻は泣きながら謝るし、間男も土下座してきましたが、私は怒りに任せて怒鳴り散らし、この状況を撮影したあと家を飛び出しました。その写真を妻の両親に送りつけ、それからは弁護士にも依頼して離婚の話を進めたのです。

怒っていた割には冷静だな…とツッコまれそうですが、腸が煮えくりかえるとこんな風になるみたいです。というか、できるだけ手早く離婚を進め、慰謝料を入手しつつ妻に恥をかかせるのが1番の報復になると思っていただけかもしれません。

結局は目論見通り進み、妻は実家から勘当されて間男とも別れ、その間男も仕事を辞めることになったようです。妻からは何度も謝罪の連絡がありましたが全部ぶっちぎり、今はどうしているか分かりません。ちなみに私は、神待ち女性以外とは遊ばなくなりました。

こんな一件があったら女性を信じることができず、なんの恋愛感情もなくセックスできる神待ち女性だけが、都合のいい性欲解消の相手でした。女性に浮気されて別れた男性って、みんなこうなるのではないでしょうか?

もちろん神待ち女性を泊めるときには、こんなことは言えません。言ったところで雰囲気が悪くなるし、嫌なことを思い出して気分を害するだけですから、セックスだけ楽しめればそれでいいのです。

「ウチの妻はそんなことはしない」…こんな風に信じられるうちはいいと思いますが、裏切られたときに凹まないようにしてくださいね。
posted by HHH at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。