2019年10月11日

私も不倫パートナーも数年以上セックスレスだったので初めて会った日は大変燃え上がりました



妻とは数年以上のセックスレスでしたが、妻に飽きたとかEDになったとかではありません。むしろ毎日のようにムラムラしていたし、妻が薄着でウロウロしていると襲いたくなっていました。「夫婦なら襲ってもいいんじゃない?」と思うでしょうが、それはさすがにNGです。

じゃあなんでセックスさせてもらえないかと言えば、妻が嫌がるからです。なんで嫌がるかですが、実は私が出張した際に風俗で遊んだのがバレてしまい、「病気が感染する!汚い!」と拒絶されました…まあ、これに関しては私が悪いでしょう。

それで実際に病気かどうかを検査したところ、軽度ですが引っかかってしまいまして、妻の罵倒を怒れなくなりました…幸いなことにエイズではないから薬だけで治せたのですが、治療中は妻も実家に帰ってしまい、完治したら戻ってくれたのですが…。

それからも『いつ浮気して病気を持って帰るか分からない男』という烙印を押されてしまい、セックスには応じてくれなくなりました…たしかに風俗で遊んで病気をもらったのはダメでしょうが、完治後も拒絶されるのってつらくないですか?

一応子供がいるので別れるつもりはないらしく、私としても世間体があるので助かっています。しかし妻がいるのにセックスができないという状況はとてもつらく、結局は我慢できずに不倫パートナーを作ってしまいました。

もっと妻と話し合えばいいのですが、いつも汚物を見るような目を向けてくるし、たまに家族で出かけてもとりつく島がありません。こうなると夫婦であるのが不思議なレベルでして、おそらく子供が独り立ちしたら離婚の可能性もあるでしょう。

そうしたこともあり、不倫パートナーと遊ぶのにも罪悪感がありません。さらに、私の相手をしてくれている女性も数年以上セックスレスだったと話しており、初めて会った日は大変燃え上がりました。妻ともあそこまでしたことはなく、最高のセックスだったかもしれません。

不倫パートナーは私みたいな出来事があったわけではなく、旦那が中折れしまくるようになり、自然とできなくなったと話していました。そして我慢できずに…といった感じで、長くセックスができていないもの同士、仲良く絡み合ったのです。

初めて会った日はホテルの時間いっぱいまで絡み合うという貪欲っぷりで、お互いどれだけセックスが恋しかったか分かります。その後も会う度に激しく体を重ねており、お互いの性欲をしっかりと満たしました。やっぱり、こういう相手は欠かせませんね…。
posted by HHH at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

足まで舐めてきた女性は不倫パートナーが初めてでした


いろんな女性とセックスしてきましたが、『足まで舐めてくる女性』というのは不倫パートナーが初めてでした。男は女性の足がエロく見えるため、舐めたがる人も案外いるのですが…女性がこういうことをしてくれるというのは、予想外で驚かされましたね。

もちろん妻はそんなことをするわけがなく、せいぜいがフェラまでですね。普通の女性であればフェラをしてくれるだけでもありがたいし、最初は妻も若干嫌がっていたので、仕込むのには苦労しました。苦労した甲斐もあって、今はほぼ毎回してくれますけどね。

女性にこういうプレイを仕込むなら男性側が見本を見せるべきですから、まずはクンニをしてあげるといいでしょう。女性のアソコを舐めることでペニスを舐める行為への精神的敷居をなくし、さりげなく誘導できます。

そう考えると、不倫パートナーは『過去の男にそういうことを仕込まれた』と考えるのが妥当で、その男はなかなかマニアックですね。足を舐めさせるということはやはりSっ気があるのかもしれませんが、そんな男と別れてもこうすると考えたら、この女性にMっ気があるのかもしれません。

なお、最初から「足を舐めたい」と言ってきたわけではなく、セックスの流れにて自然とやってくれました。足を舐めるまでも上手かったし、普通の女性とは一線を画すプレイだったから、かなり満足できたと思います。

私も妻がいるということで、不倫パートナーに会うまでには多少の葛藤がありました。しかし、子供を産んだ妻は体型が乱れたのをかなり気にしており、「綺麗な体に戻すまではちょっと見られたくなくて…」とずっとセックスを拒否するから、我慢ができなかったのです。

私としては母親になった妻の体にも趣があると思うのですが、嫌がる女性を無理に誘うのは夫婦でもNGなので、ほかの女性を相手にスッキリするしかありません。妻が痩せるまで待つという選択肢もあるのでしょうが、それには時間がかかりそうなので…。

そんなわけで不倫相手とラブホテルへ行きましたが、そのテクニックは見事です。一緒にお風呂に入ったのですが、自分の全身を使って洗ってくれるから、女体をスポンジ代わりにする贅沢感を味わえます。

また、体を流したら全身へリップを開始し、ついには足を舐め始めます。つま先を舐められるのはくすぐったかったのですが、それを上回る気持ちよさがあり、足だけで射精しそうになるほどでした。

足を舐められるのは、想像している以上の快感がありますよ。
posted by HHH at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

セフレ掲示板でした浮気が恋人にバレてしまった時の言い訳

セフレ掲示板を利用するのはフリーの男女だけとは限りません。
既婚者であっても恋人がいてもパートナーとのセックスに満足できない人がセフレ掲示板を利用する事は珍しくありません。
しかしいくらセフレ掲示板で出会った相手はセックスをするだけの相手で恋愛感情が一切ない割り切った関係だと断言したところで浮気である事実を変える事は出来ません。

もちろんセフレがいるという事をパートナーにバレないように慎重に行動するべきですがそれでもバレてしまう可能性はゼロではありません。
ではパートナー以外の相手とセックスをしていた事がバレてしまった時にどのような言い訳をすれば相手は許してくれるのでしょうか?

男性の中には言い訳なんて潔くない、バレた時には自分の非を認めて謝る事が誠意だと思う人もいるかもしれません。
しかし浮気をされた女性は浮気をした事を謝って欲しいとは思っていません。
むしろ浮気を疑われても絶対に認めずに言い訳をして疚しい事実は隠しとおして欲しいと思っています。

では浮気を疑われた時にどのような言い訳をすれば女性は許してくれるのでしょうか?
例えばラブホでセックスをした事実がバレた場合でも「ラブホに呼んだデリヘルで風俗だから」「お金を払って性欲処理をしただけだから」
そんなふうに風俗のサービスだと誤魔化してしまいましょう。

女性の中には一般女性とのセックスはNGだけど風俗はギリギリOKと考える人も少なくありません。
なぜかというと風俗嬢はお金を稼ぐために仕事として割り切って性的なサービスを提供しているだけで客に個人的な感情を抱かないだろうと思えるからです。
それにソープランドを除き風俗店では性的なサービスでフェラや素股などで射精はしても挿入行為はNGなので本番行為はしていないという事になります。

ただし風俗の性的サービスすら浮気だと考える女性にはこの言い訳は通用しないので注意して下さい。

他にも「ゴメン、確かに酔っ払って女性と2人でラブホに入った事は事実だけど飲み過ぎてすぐに寝たからセックスはしてないよ」
ラブホに入ったけれどセックスはしていない、この言い訳が通用するかどうかは微妙なとこです。
しかしラブホの中で何が行われていたのかなんて2人以外の人は知りようがない事なので嘘だと否定する要素はありません。

だからこそ嘘を貫き通しましょう。
もうラブホに入った理由も「遅くまで飲んでしまい終電が間に合わなかったから」とか「酔っ払ってもう歩けなくて休みたかったから」と言い訳可能です。
そしてそれぐらい深酔いしていたからとてもセックスが出来る状態ではなかったと匂わす事がポイントです。

posted by HHH at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。