2017年07月11日

セフレを作って大人の階段を上る!?

社会的な大人の定義は、『20歳になること』ですよね?この年齢から自己責任が伴いますが、人生における自由度も大きく増し、いろんなことに挑戦できるでしょう。しかし、男にとっての大人というのは、少し違いますよね?

男が大人になる場合、『セックスすること』が重要です。私も20歳になった直後は「これで俺も大人だ!」と粋がっていましたが、同い年で女性経験が多い男を見ていると、「セックスしているかどうかって、こんなに違いを生むのか…」と愕然としましたね。

そして25歳になってもまだ童貞だった私は、「大人の階段を上るために、もうセフレを作るしかない!」と思ったのです。大人になりきれていない私はどうも女性相手に余裕がなく、全然彼女が作れませんでした。

だから「とりあえずセフレを作ってセックスすれば、いつかは彼女もできるはず…」と思い、そういうサイトで相手を探しました。セフレが作れるサイトだと童貞も多いのか、私が女性に話しかけてもとくに嫌われることはなく、ちゃんと会ってくれる女性が見つかったのです。

その人は31歳のC(仮名)という名前で、セックスどころか結婚も経験したことがある女性です。今は離婚して独り身らしく、自由気ままにセックスを楽しんでおり、それで相手を探していたようです。

そんなCさんに童貞を伝えると、馬鹿にすることもなく会ってくれました。「むしろ私が相手でいいの?」と言ってくれましたが、私は余裕綽々なCさんにすっかり憧れてまして、「この人で大人になれるなら本望だ!」と思っていたのです。

Cさんは30代でもまだまだ綺麗で、セックスについても慣れているのか、私と違ってかなり余裕そうでした。ちなみにセックスする前の私はとても緊張してまして、「そんなに硬くならなくてもいいよ」と、Cさんに笑われました…。

はやる気持ちを抑えつつラブホテルに入ると、Cさんから優しくキスをしてくれます。女性の唇ってすごく柔らかく、リップを塗っていたのかしっとりもしていて、この感触だけでもエロい気分になってしまいますね。

その後もCさんのリードで勃起し、挿入場所も教えてもらって入れたのですが…気持ちよかったです。上手く表現できないのですが、女性の中は手とは違ってぬるぬるでうねうねな感じで、私も予想通りすぐに出しました。

だけどセックスで射精するとすごく気分が落ち着いて、2回目は冷静になれました。それ以降は女性にも緊張しにくくなり、やっと私も大人になれたと痛感したのです。
posted by HHH at 11:49| Comment(0) | セフレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。